うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

「わたしの自由研究」

今週のお題「わたしの自由研究」について所見を述べたいと思います。

f:id:YOUHEIkun:20190902063346j:image

 

①うちの子どもの自由研究

f:id:YOUHEIkun:20190902063419j:image

我が家では子供の自由研究といったものは特にありませんが、四六時中が恐竜です。恐竜になりきってみたり、恐竜の映像、恐竜の本やオモチャを散りばめています。

 

上の画像はパキケファロサウルスなのですが私はこの恐竜の存在を知りませんでした。頭突きが得意技なのですが、我が子は影響を受けて頭突きを仕掛けてきます。

 

好きな恐竜をひたすら追い求めることは自由研究にとっては重要なのかもしれませんね。

 

②大人の本気の自由研究、お見せします

本気の自由研究と言われると、意気込んでしまいそうですね。私の場合、今年の夏はどこに行ったとか。何か特別にこだわったことはありませんでしたが、考えさせられた出来事が何点かあったので紹介したいと思います。

 

(1)自由研究としてのブログ

ブログを今まで書いてきて、色んなことを考えましたが「自由研究」の一種ではと言われても否定できないところがあります。

 

自分を売り込むための手段であったり、商業目的でブログを書いてみたり、そのあり方は人それぞれ違うと思います。

 

ブログをはじめた理由も、ブログを続ける理由も、ブログで得られるものも人それぞれ違うと思うので「自由研究」とも考えられるのではと思います。

 

「自由研究?としか思っていないのか」と思われてしまいそうなので付け加えておきますが、書いている状況などによっても書く内容は変わると思っています。

f:id:YOUHEIkun:20190902065555j:image

最近、ブログの交流の場で思ったこととしては。「色んな考え方があるな」ということがまず一つ。もう一つは、「もっと頑張らないと」といった気持ちです。

 

自分が何を伝えたくてブログを書いているのかをしっかりと持っていないと。このブログは本の書評とはてなブログのお題を中心にいままで運営してきましたが、更新頻度などが落ちてきている現状などがあります。

 

心機一転といきたいところですが、今回は気持ちの部分で留めておきたいところです。ただ「自由研究」ではあるものの、頑張り次第では無限の可能性があることだけはあらためて認識できました。

 

(2)自由研究について

先ほど、ブログは自由研究という考えを述べましたが何においても言えることがあると思います。

 

自分が誰かに指示されてやっていることを自由研究してしまったら「オイ、何しとんねん」となってしまいますが。自分で何かをはじめた場合、モデルになるものはあっても基本は自由。オリジナルが重要だと思っています。

 

文章や絵を書くことでも、恐竜になりきってみることでも基本はその人本人からはじめることなので「自由研究」。自由だけど研究に研究を重ねていけばきっと希望に繋がるものだと少なからず私は思っています。

 

(3)本気の自由研究

もっとブログを頑張らないと先ほど述べましたが、本気でやると言ってやらないとすぐに結果としてかえってくるので。

 

「これが私の本気の自由研究や」

 

は心の片隅で・・。誤解されると困るので自由研究を本気でやっています。いまの現状をきちん受け止めた上で前向きにやっていきたいというのが素直な気持ちです。

 

③自由研究を必死で終わらせた思い出

最後に、自由研究を必死に終わらせた思い出を紹介して終わりたいと思います。

神輿/みこし 飾り★鳳凰(ホーオー)★18cm×40cm

神輿/みこし 飾り★鳳凰(ホーオー)★18cm×40cm

 

小学生の頃、夏休みに何を自由研究にしていいのかアイデアが浮かばなくて。たまたま行ったお神輿で鳳凰を見て、金の折り紙で鳳凰を作ったことがあるのをいまだに覚えています。アイデア次第で作品ができるスピードは変わってきますよね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。