うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【eスポーツのすべてがわかる本】を読んだ書評

今回は黒川文雄さんの「eスポーツのすべてがわかる本」を読んだ所見を述べたいと思います。この本はオンラインサロンのギガ盛りブログ飯を介して日本実業出版社から贈呈されたものです。

プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで eスポーツのすべてがわかる本

プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで eスポーツのすべてがわかる本

 

 

 

感想から

読んでみて思ったことは、面白い。これにつきます。私は30代ですが、ゲーム世代ということもあり内容がしっくりときました。eスポーツが注目を集めていき、オリンピックの種目になるならないはさておき。


f:id:YOUHEIkun:20190701231646j:image

池袋や新宿のゲームセンターを舞台にスト2(STREET FIGHTER Ⅱといったゲーム)を競いあっている人たちがありふれていた10~20年も前の出来事が海外で億を越える賞金をかけて争う時代へと変わっているというのがまず面白いと思いました。

 

プロゲーマーと呼ばれる人が本書の主役となっているのですが、ゲームをつくる側にスポットがあたることは多くても、プレーヤーがプレイのみで生計を立てるのは夢のまた夢の話だったのが実現しようとしている。

 

夢がありますよね

 

本の概要

eスポーツをテーマに、プロゲーマーの方のインタビューを踏まえながら今後のゲーム、eスポーツの方向性を考えていくといった内容。


f:id:YOUHEIkun:20190701232247j:image

いままで消極的な立場をとっていたサポートサイドも、プレーヤーサイドの情熱次第では本気でサポートしていくといった心強い内容である。今後のゲーム業界、プロゲーマーに期待や関心が高まる内容。

 

eスポーツ

eスポーツをはじめとして、ゲームを競技として考えるようになり、賞金が与えられるところまできている。エンターテイメントを本気で考えるのであれば賞金は夢のあるものであって当然だと思う

 

エレクトロニック・スポーツ - Wikipedia

 

eスポーツに興味がある人にぜひとも読んでいただきたい一冊である。

 

最後に

自分がゲーム世代ということもあり、読んでみて心温まるような内容でした。ゲームで大金を稼げる自信のある人、またこれからプロゲーマーを志したい人にオススメ。

 

今回は「eスポーツのすべてがわかる本」を読んだ感想を述べさせてもらいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。