うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【はじめてのブログをワードプレスで作るための本】を読んだ書評

今回はじぇみじぇみ子さんの「はじめてのブログをワードプレスで作るための本」を読んだ感想を述べたいと思います。この本はオンラインサロンの「ギガ盛りブログ飯」を介して秀和システムより献本されました。

はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]

はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]

 

はじめてのブログをワードプレスで作るための本を読んでみて

私ははてなブログでブログを運営していますが、ワードプレスでブログを書いていたこともあるので興味があって読んでみました。

 

無料ブログとワードプレスでは自由度が違います。もちろん無料ブログのメリットはたくさんあふのですが、ブログでお金を稼ぎたいと考えるのであればワードプレスを利用した方が自由にできるので良いと考える人も少なくはないと思います。

 

この本はワードプレスでブログを立ち上げた時にぶつかる壁を親切丁寧に説明してあるので、これからワードプレスでブログを運営しようと考える人にオススメです。

 

たとえばプラグインの選び方などベーシックなものをチョイスしてあって、記事を書くまでにしなければならないことを無駄なくガイドしてくれています。親切なガイドがこの本の特長です

 

主な構成と概要

ワードプレスの特長や立ち上げ方が前半パートで書かれてありました。後半からはデザイン、テーマ選びを中心に、最低限のプラグイン、記事をどうやって書いていくかなどが書いてありました。

 

この本一冊で時間のかかるワードプレスの立ち上げを簡略化して無料ブログで記事を書くのと同じ状態に持っていけると思うので、本のタイトルにもあるように「はじめてのブログ」をつくるのに凄く役立ちます。

 

プラグインとテーマ

プラグインは基本的に英語で書かれていたりするので、何を選んだら良いのか困ります。ネット上から探すのも良いですが、本に書いてある情報を元に気に入ったもの。必要だと思ったものを選ぶのが良いと思います。読んでみて、なるほどと思えるものばかり紹介されていました。

 

テーマはNisikiなどが紹介されていました。Nisikiはブログをキレイに見せることができます。また、メンテナンスも独自のコミュニティがあり充実しているので初心者にオススメです。

 

 

ワードプレスの強みと弱み

なんといっても自由度です。広告を貼るにしかり、URLにしても独自のもの。運営を自分主体でできるので、ブログを運営するのに独自性を重視したい人にはオススメ。

 

基本的にサイト構築を全部自分でやらなければならないので、本を読んだりして体制を整えなければなりません。そういった意味ではこの本は凄くオススメです。

 

全体を通しての感想 

ワードプレスの本は何冊か読みましたが、この本と他の本との違いは一つ一つ丁寧に説明してあることだと思います。

 

ハンバーガー屋さんに行ったことを書いた記事を元にブログ記事をどう書いていくのかが説明してあって、それを元に記事を作成していけばといった形になっていました。

 

だいたいの本は設定の仕方で終わっていたりするので、肝心のブログ記事を書くまでガイドしてあるのは珍しいと思いました。何事もやってみないと身につかないと思うので、ワードプレスで記事を書ける状態までガイドしてくるこの本は貴重だと思います。

 

今回は書籍の紹介をさせてもらいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。