うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【深海】の紹介

今回は「深海」の紹介をします。

深海

深海

 

人間は小金をめぐって争う生き物である。このことを誰もがわかっていながらも形にはまってしまう。この世の摂理というか、自分の人生のエンディングが見えた時点で終わりだし、多くの人はそのことを悟っている。

 

自分が一生で稼がなければならないお金、自分が一生でやらなければならないこと。これに縛られたら、エンディングしかないんですよね。

 

なんでまたこの商品を紹介しようと思ったのかというと、社会のレール、または鎖これらにその身を捧げる。この瞬間が誰にでもあって、決断が迫られるからだ。

 

私がこのアルバムを買ったのは成人する前だし、深く意味を理解していなかった。なんせ子どもなんだから理解する理由なんてないですよね。ただ、最近はひしひしときます。

 

勤勉な民族であることが怖いと思う今日このごろ。自分に負けたくない。ただそれだけです。言葉に出すことは意味がある。・・最後まで読んでいただいてありがとうございました。