うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

「鬼は外、福は内」

今週のお題「わたしの節分」について所見を述べたいと思います。このお題を使うのは2回目になります。

f:id:YOUHEIkun:20190203225310j:plain

前回の記事で年男、年女の記事を書いたのですが、豆をまく側にはなれませんでした。とは言えせっかくの休日ということで豆まきを観に行くことにしました。

www.komugiko.org

 朝から行くのはちょっとキツいと思ったので首都圏で午後から豆まきをしている神社、仏閣を探すことにしました。赤坂の日枝神社はこの時点でボツになりました。午前中に豆まきをする神社です。

 

埼玉県の鬼鎮神社が良いかなーと思ったのですが、小さい子どもを連れていくのにはちょっと遠い気がしたので残念ながらボツ。成田山も同じ理由でボツでした。

 

乃木神社など都心のメジャーどころで、午後からやっている神社をネットで探していたのですが、熱狂具合によってはインフルエンザの危険性もあるので、それなりにメジャーな根津神社に行くことにしました。

 

根津神社は紫陽花で有名な神社で、ちょっと下町よりな感じです。豆まきは2時頃から4時頃まで、何回かにわけて行われていたので頃合いを見て参加すれば良い感じでした。

 

とは言っても豆まきで蒔かれたものをとれるかどーかは別です。実際にはダンボール箱や大きな紙袋を持ってきている人や、ガチでくる子どもたちに蒔かれたものはゲットされてしまいました。


f:id:YOUHEIkun:20190203231635j:image

収穫はせんべいと落花生が2つ。

 

f:id:YOUHEIkun:20190203232140j:image

いか太郎!!、いか太郎を何故かゲットしてしまいました。たまたま飛んできたいか太郎をゲットしましたが、豆ではなくいか太郎

 

まー観ていて面白かったので良しとしましょう。家族で行ったのですが、子は途中で疲れて寝てしまったので、いか太郎をゲットするためにわざわざ神社に行くといった形になってしまいました。

 

家に帰った後は豆まきをしました。子が保育園で作ってきた鬼のお面をかぶりながら「鬼だぞ~」と行っていたのたのが記憶に残る次第です。

www.komugiko.org

 節分はゲン担ぎの一つと言っても良いと思うので昨年のお題で書いた記事をのせておきます。ゲン担ぎとしての節分というと恵方巻を食べるとか、豆を年の数だけ食べるとか、イワシを柊につけて飾るとか色々ありますが我が家は豆をまいただけでした。

 

今回は首都圏で節分オススメスポットの紹介と豆まき事情を紹介させてもらいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。