うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書一年生】を読んだ書評

今回は染谷昌利さん、木村博史さんの「世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書一年生」を読んだ感想を述べたいと思います。この本はソーテック社様より献本されました。

 

概要

ブログとユーテューブの基本的なことが書いてある。情報を発信することで、誰かの役にたちその対価として報酬を得るということが注目されている中での一冊。ブログとアフィリエイト、ユーテューブはまったく別のものだと考えていたのですが意外と共通点があり読み進めていくと双方の大切さがわかる。

 

ブログとユーテューブ

ブログとユーテューブはまったく別のものかと思っていたのですが、共通点はいっぱいありました。それはブログにしろ、ユーテューブにしろ見る側の人がいるということ。文書であるのか、動画であるのかであって人が欲しい情報を発信して届けることには変わりないのだと読んでみてわかりました。

 

ブログ

ブログは5W3H1Rといったように、情報を求めている人に対して的確な情報を届けることが大事だと言われています。1Rは体験などのことですが、どういった体験をしたかを伝えることも情報発信では大事なので、出し惜しみなく自分が体験したことを発信してみましょう。誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。

 

ユーテューブ

ユーテューブは動画を人に届けることなのですがこの本を読むまで敷居が高いというか、どうやってやろうかも見えていなかったので見る側もしくは、誰かの作ったユーテューブ動画をブログに貼るといったところまでしかイメージがありませんでした。

 

本を読んでみるとブログに似ているところが多かったです。驚いたところと言えば、人が動画を見ていられる時間が短いというところです。長い動画を無理に見てもらうよりも、大事なところをきちんとお伝えする方が効果的ということです

 

動画作成

私は他の人のブログも読みますが、ブログに自分の作成したユーテューブ動画を組み込ませている人がいたりします。意外と楽しみにしているのですが、本ではどういったカメラがどういう動画を撮影するのに向いているかが書いてあるのでオススメです

 

私も動画を撮影したいとは思うのですが、なかなか。今年中に挑戦できたら良いです。

 

まとめと感想

ブログとユーテューブは全然違うものだと思っていたのですが、読んでみて似ているところもいっぱいあるし相性が良いんだなと思いました

 

今回は「世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書一年生」を紹介させてもらいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。