うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑】を読んだ書評

今回はぬまがさワタリさんの「ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑」を読んだ感想を述べいと思います。kindle unlimitedを利用している人は無料で読むことができます。

ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑

ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑

 

この本は生き物の表の姿と裏の姿を描いてあります。表の姿のところはよく知られている部分。裏の姿は意外と知られていない部分です。裏の姿がなかなか面白い感じだったので紹介しようと思いました。この本は「ギャップにおどろくびっくり!いきもののオモテとウラ」、「知られざる特技&特徴すごい!いきもののオモテとウラ」、「その暮らしなぞだらけふしぎ!いきもののオモテとウラ」の3部構成となっています。

 

 

ギャップにおどろく びっくり! いきもののオモテとウラ

f:id:YOUHEIkun:20181129213258j:image

ギャップにおどろくの章では生き物のギャップが描かれていました。ライオンが百獣の王でありながら、過酷な環境下で実は生きているとか。ゴリラは実はマメだったりとか面白い内容でした。

 

私がギャップに驚かされた生き物はパンダでした。パンダは普段人気者ですが、クマなんですよね!油断していると食べられちゃいます肉食なところもあるんで。このギャップをみて私はピエロを連想してしまいました。サーカスでは人気者のピエロも、中身は肉食の可能性があります。楽屋裏のピエロは人気者の人の姿とは限りませんよね。「おい、誰のおかげて巡業できとると思うとんねん」みたいな感じでギャップがあるかもしれません。人の表と裏は読めませんよね!

 

知られざる特技&特徴 すごい! いきもののオモテとウラ

f:id:YOUHEIkun:20181129213330j:image

すごい!の章では生き物の知られざる一面を沢山知ることができます。カピバラさんが実は運動神経抜群とか。ハキリアリが実は人間よりも先に農業をはじめていたりとか。すごいなーと思うことが多かったです。

 

私の中のベストアワードはテッポウウオでした。顔覚えちゃうんですよね!!奴に狙われるとヤバいんですよ。スナイパーのテッポウウオ、これ人間に置き換えると・・、スナイパー!?「おいスネ夫、気をつけて」。

 

 その暮らしなぞだらけ ふしぎ! いきもののオモテとウラ

f:id:YOUHEIkun:20181129213346j:image

ふしぎ!な章では「何でだろう?」と思うことが多かったです。カモノハシは実は毒を持っているとか。イッカクさんの角?は実はキバだったりとか、えっ何でと思う内容が多かったです。

 

私が一番えっ、て思ったのはアフリカナイズドミツバチです。奴らは暴走しすぎた。本来の姿とは別の方向へ向かってしまい、えっ、何でと思ってしまいました。AIを連想してしまいましたね。なめてかかっていると「ぴぽぱぴ

f:id:YOUHEIkun:20181129223033j:image

 

まとめと感想

短時間ですらすら読めました。若干疲れている人や、ストレスがたまっている人にオススメの一冊です。愛嬌のあるいきものたちが残虐非道な一面を見せてくるところは見ていて面白いところがありました。隙間時間に読んでスカッとしましょう。今回は「ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑」の紹介をさせてもらいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。