うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

「リラックス」

今週のお題「リラックス」について所見を述べたいと思います。実を言うと先週のお題なので、期限を過ぎてしまったことをまずお詫びします。すみません。

f:id:YOUHEIkun:20181110105040p:plain

リラックスできているかどうかの一つの目安として睡眠がきちんととれているかどうかがあると思います。最近は寒くなってきたので私はなるべく睡眠をとるようにしています。

 

色々なことを同時進行で進めていると、どうしても睡眠を削ってしまいがちなのですが、睡眠時間を減らすとストレスがある状態で物事にとりかかることになるのでここは捨てきることも一つの手だと思っています。

 

f:id:YOUHEIkun:20181110105143p:plain

なめとるんか!!

人は誰しも自分の周りの人がどう思っているのかが気になるものです。人間関係が得意な人は距離をうまくとって自分にとって最適な環境をつくれるのですが、そうでない人も多くいると思います。

 

f:id:YOUHEIkun:20181110105244p:plain

人間関係がストレスになり常に怒り状態になってしまうと、起伏が激しい人間になってしまいがちです。常にイライラしている人、あなたの周りにいたりしません?

 

自分がやられた嫌がらせを他の人にやる

 

これはストレスからくるものだと思います。実際そういった出来事があったとして私は悪いことだとは実は思っていなかったりします(私はやりませんが)。なぜなら、たいていの場合は部分的に行われているからです

 

相手がとってくる行動パターンをそれなりに研究しておくことも大事かと思います。

f:id:YOUHEIkun:20181110105440j:plain

部分的なストレッサーにどうしてもとらわれがちになってしまう。そういった時はストレッサーから距離を置いて他の人と話す機会をつくるのも一つの手です。

 

自分のストレスがわりと軽減された頃にストレッサーの機嫌をとる方向に持っていく。だいたいの場合、部分的なことで人間関係の食い違いが生じるので「存在そのものを許せない」みたいな状態にはせず自分が物事に万全に臨める状態をつくりましょう。

 

まとめますと、リラックスするにはきちんと睡眠をとる。人間関係のストレスがあるのであれば、部分的なストレスを取り除いて改めて人間関係を構築する。人生は短いようで長いので、嫌気がさして「存在そのものを否定してやる」みたいな状態になるのは避けましょう。リラックスについての所見を締めたいと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。