うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

「起きて最初にすること(秋・冬)」

お題「起きて最初にすること」について所見を述べたいと思います。このお題を使うのは2回目になります。f:id:YOUHEIkun:20181029223548j:image

秋から冬にかけて寒くなるので、どうしても布団から出るのが億劫になってしまいます。あと~分寝ようといった感じだと朝やらなければならないと思うことが後手に後手になってしいます。

 

若い時は多少睡眠時間がとれなくても気合いと根性(←禁句?)で1日をやりくりできたのですが、最近はしんどくなってきているので無理をしないようにしています。

 

ゆっくりでも良いので朝起きたら布団から出る習慣をつける。当たり前すぎることのようですが意外と難しいと思っています。なぜなら人は誰しも目先のニンジン欲しさに感情的になりやすいからです。

 

良いことがあれば明日が楽しみで眠れなくなるし、嫌なことがあれば嫌なことが頭から離れなくて眠れない。これを夜考えてしまうと終わりが見えなくなる。

 

短期的視野でこれらをクリアーにしたいのは山々なのですが、焦らずに次の日に感情的なことを持っていく。「明日やろう」といった発想ですね。

 

簡単に言っているようですが、孤高に強くないとできないと思います。私も感情をコントロールするのに酒に頼ったりとか、ストレスを残さないための手段を散々やってきてたので出来れば感情をクリアーにする方を選びたい。でもそれやっている限り滅びの道に行くだけだと思ってやめました。

 

明日のことは明日、朝起きたら布団からきちんと出る。そのためにも感情的なことをその日のうちに処理しないようにする。長い目で物事を考えていこうということです。

 

私の秋から冬にかけて、朝起きて最初にすることは布団からきちんと出ることでした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。