うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【10年後の仕事図鑑】を読んだ書評

今回は堀江貴文さん、落合陽一さんの「10年後の仕事図鑑」を読んだ感想を述べたいと思います。

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 

 

今現在ある仕事、また社会構造がこれからどう変っていくのかを書いた本。最初、職業理解の参考になる本なのかと思って買ってみたのですがどうやら違うようです。

 

www.komugiko.org

 

ではどんな本なのかというと、社会のあり方の未来予想。それもまた私のような凡人からみたら「いいなー貴族化」と思わす反面、極化という断崖絶壁をも連想されます。

 

NewsPicksマガジン 2018年 08 月号 [雑誌]

NewsPicksマガジン 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

著者2人は上の雑誌にも登場しますが、今後も我々庶民に問題提起を投げかけてきそうです。本の紹介に戻ります。本の内容はAIによって無くなってしまうであろう産業のことと仮想通貨等を中心とした新しい経済モデル。私は両方ともまだ驚異を与える存在と化してないのでさほど信用はしてません。勉強といった形で触れている程度です。

 

◎AIと新しい経済モデルの二部構成

AIによる「断捨離」

f:id:YOUHEIkun:20180529225748p:plain

こんにちは人類

AIによって仕事が淘汰されるという話。AIについては以前

 

www.komugiko.org

 

この記事で紹介したように現段階ではさほど驚異ではないと思っています。・・エンターテイナーのホリエモンこと堀江さん、この本でもファインプレーを連発してくれました。私が「10年後の仕事図鑑」を買おうと思ったのはAIに人間がボコボコにされてるイラストが面白いと思ったからです。つまり究極の

 

 

断捨離本

 

 

 

一番面白いと思ったページ

 
f:id:YOUHEIkun:20180620225952j:image

似たような職種である裁判官や検察官淘汰される可能性が高い

 

 「多動力」でも検察官について触れているホリエモン。気に入らないものはひたすら攻撃するというストイックさがこの本でも出ている感じがしました。

 

新しい経済モデル

 仮想通貨とかオンラインサロンといったコミュニティ社会の紹介。これらをどうやって捉えるかは人それぞれですが、

 

国立大学の学費が月5万と考えて、さらにサロンに1万払って勉強して研究の成果をポルカ等のクラウドファンディングでオジサンに応援してもらいましょう。

 

 まー気持ちはわからんでもないけど「ポルカおじさん」っていかにも「パパ活」感出してる感じがして、「う~ん」ってとこでした。さらにこのパートではホリエモンの仲間達をフォローしまくってて

 

f:id:YOUHEIkun:20180620232637p:plain

俺たちと仲良くしておいた方がいいよ



基本こんな感じのニュアンスで煽ってくる感じです。まーパワープレイは基本的に強いので自分も仲間入りしたいという人にはオススメかもしれません。

 

◎まとめと感想

とにかくこの2トップは強い。支持する、支持しないは別としてこの人たちの考え方を知る上では最適な本だと思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。