うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【MEDIA MRKERS】を読んだ書評

 今回は田端信太郎さんの「MEDIA MRKERS」を読んだ感想を述べたいと思います。

 

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

 

 ちょっと前に話題になっていた田端信太郎さんの本がKindleアンリミテッドで読めたので、「これは読むしかないやろ」と思って読んでみました。

 

◎概要

Web評論といった感じでした。それもおそらくみなさんがご存じのとおり一流(この言い方はあまり好きではないですけど)のメディア人の講演を聞いている感じでした。

 

◎カエル

カエルは両性類で水の中でも陸地でもいける存在、それだけ熱意をもってやっている。過去の実績とかを根拠に言っているので、説得力があるなーと思いました。

 

◎予言

本の言葉のままだと予言ですが、ちょっといいかえると予想。この予想的な思考って私もけっこう大事にしていて、「言葉には気をつけなさい、いつかそれは現実になるのですから」といつか聞いたことのある言葉を思い浮かべました。

 

雑誌がこれから注目あびるんじゃないか。といったような考えはわりともっていて田端信太郎さんの社内報に対しての考え方、また雑誌の編集の考え方は凄く勉強になりました。

 

あっ田端さんは

 

 

Twitterで探してみたらこんな感じの人でした。パパ活注意報とか発せられてないのかちょっと心配です。重要なメディア人なのですから。

 

◎感想

自分のコンテンツを考える上で勉強になることがいっぱいありました。カエルはいい例えだったのも印象的、時には汚れ仕事も必要なんだなーと思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。