うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【炎上は面白い!:イケダハヤトのブログ術(トークメーカー新書)】を読んだ書評

今回はイケダハヤトさん、架神恭介さん、泉和良さん、至道流星さんの「炎上は面白い!:イケダハヤトのブログ術(トークメーカー新書)」を読んだ感想を述べたいと思います。

 

 

 まず本の内容をおおまかに説明しますと、「炎上」このことにはそこまで多く触れていない。むしろ「まだ東京で消耗しているの?」といった自信のブログのことを全面的に出していく。こんな感じでした。

 

「炎上は面白い」は言われてはいるものの、炎上を好き好んでいるようには思えなかった。

 

「えっ、炎上話がメインじゃないの」

 

と思ったとしたら炎上した渦中の中の人かもしれません。本を読んでみてこのイケダハヤトという人、いつでも炎上を演出できるんだろうなと正直思いました。

 

「まだ東京で消耗しているの?」

この「まだ東京で消耗しているの?」といったブログコンセプトを徹底してブランディングする。

 

 

セルフブランディング

 

 

ここにまず、イケダハヤト氏の強みがある。そんな印象でした。みなさんがどういったことを考えて自身のブログをブランディングしています?

 

その答えってやはり記事を書いてみる。また継続して書いてみないとわからない。ブログを読んでいる人がどこかで持っている印象を少しづつ強くしていく感じではないでしょうか。

 

フィードバックします「まだ東京で消耗しているの?」はセルフブランディングがきちんとできている。

 

やるべきことは全てやっている

ブログを運営する上で重要だと思われることは全てやっているといった印象でした。その中でもアフィリエイトが一番自分に適しているとも言われていました。

 

なかでも「後発的にアフィリエイトしたとしても自分は勝てる」といったようなことを言われていたのは特に印象的でした。

 

たとえばアフィリエイトのみに特化している人がある商品を徹底的に研究してSEOもきちんと制覇した記事を書いたとして、同じ商品を取り扱かった記事を後からイケダハヤト氏が書いたら

 

簡単に(簡単は言い過ぎかもしれません)イケダハヤト氏に軍配が上がるといったところですかね。

 

フィードバックします。やるべきことは全てやっている故、下手にかち合うと確実に持っていかれます。

 

炎上は面白い

 

「炎上は面白い」とは言っていたもののその本質は何かは本腰入れて書かれてはいなかった。

 

ただ、一種の見解としてやるべきことは全てやっているから炎上させることも可能なんだろうなーとは思いました。

 

炎上

 

みなさんは意識したことあります。私は基本炎上を意識した記事は書きたくないと思うタイプです、なぜならコツコツやっている(と思ってるだけかも)セルフブランディングつまりサイトの印象をがた落ちさせるのが目に見えているからです。

 

思い切って書いた記事が空振りすることはいたしかたないとは思ってますし、どんどん推していきたいとは思っています。

(極端なことを言いますが)

 

 

「こいつこー言ってるけどアホちゃうか、正解はこれこれ」

「そんなことねーだろ💢😠💢、うーん言われてみれば」

 

 

下手にやったら信頼を失うだけですよね。意見を言うのと炎上させるのでは全然違うし、炎上で勝っていく考えかたを選択したら自分のライフを削ることも視野に入れないといけないとも思います。

 

 

フィードバックします。炎上は棘です。

 

最後に

「炎上は面白い」ではなく炎上が面白いといったことだったのかなと思いました。

 

①セルフブランディンク

②ブログでやるべきことは全てする

③炎上とは

 

こういった観点から、時代の流れをきちんと読みネットというフィールドにいる人に向けて自分の望んだ結果を演出する。その結果が炎上。

 

 

炎上にはきちんとした意図があるから「炎上は(が)面白い」と言えるんだろうなと思いました。

 

みなさん炎上させられないように

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。