うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

ブログチャレンジ攻略指南書Chapter7

 
f:id:YOUHEIkun:20180511144031j:image

 

 指南書⑧ お題にどんどん投稿しましょう 

 

お題(今週のお題も含む)が重要なのかを考えてみたいと思います。

 

 

 

継続できることだからです

 

 

 

同じテーマのものを違った人が書く。「人のブログなんてみねーよ」って人は別として、新しい発見があったりします。単純なことですが、これ繰り返してやっていると知らないうちに自分がどんな記事を探しているのか、また自分がどんな人に向けて記事を書いているのかが見えてくると私は思っています。

 

どんな記事になったのか

たとえば「今週のお題」、これは毎週のように出るお題。私はいまのところ毎週書いて投稿しています。もちろん意図が他者とずれることなんて多々あることだし、失敗したなーと思うことはいっぱいある。だけど、同じようなことを何度もやることによって身についた(体で覚える)こともある。最初に書いたお題とここ最近のお題を見比べれば呆然。

 

www.komugiko.org

 (最初に書いたお題)

 

 

www.komugiko.org

 

 (最近書いたお題)

 

 意図するものが変わっています。書き方は基本的には変わっていないのですが、

 

 

私はこう書いた

 

 

これにつきると思います。「今週のお題」の場合、自分が得意分野でないお題とかがくる場合があるので必ずしも良い記事になるとは限らないと思います。その都度、どうやって書こうかとか、どういったことに視点を定めようかとか考えることがあります。また期限が一週間ちかくあるので、どのタイミングで書くといったことも考える必要がある。

 

 

考えることが重要なのでは?

 

 

もちろん自分で考えたテーマで書く。これに勝るものはないと思っています。しかし、与えられたテーマで書いていくことも一理あったりしません。

 

 こんな記事を書いてみました。 

www.komugiko.org

 

はてなブログを一種のプラットホームと考えれば、そこに自分のブログを紐づける形でブランディングできる。小さな一歩にしかならないにしても何歩もあるけば大きな歩みになる。こう考えています。

 

 

共通の領域を上手く使っていきましょう。小さな一歩がいずれ大きな一歩になるように。

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。