うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【大前研一 2018年の世界~2時間でつかむ経済・政治・ビジネス、今年の論点?】を読んだ書評

今回は大前研一さんの大前研一 2018年の世界~2時間でつかむ経済・政治・ビジネス、今年の論点?」を読んだ感想を述べたいと思います。

 

 

 

 教育を変える?

結論から言うとこの本グレーだと思いました。自分が稼ぎたい。どうぞご自由に稼いでくださいとしか言えません。

 

 

そもそもオリジナルで国際競争をするの?

 

 

www.komugiko.org

 

私は自分のブログ記事で和漢混合といったニュアンスをずーと大事にしてきているんですが、あくまで日本という国はパクッてなんぼ。鉄砲を伝来されたら、それ以上のものを生み出す。

 

隠し持っている金を使いましょう?

使わなきゃいけないの?

中より上ぐらいの頭のいい人間しかいないので教育を見直して尖った人を世に出しましょう?大前研一さんが尖ってる人だから評価されてるんじゃないの?てか、尖った人って教育を強化することで生まれるの?究極を言うと支持者を探しているようにしか思えない。

 

誰っていう具体的な人が出てきてない。その段階で総理を批判しているとこが

(一強は否定していなかったです。)

 

 

国際社会の中での日本ダメ。そんなの誰もが解っていることだろうし、変えれる人材なんてそうそういないと思う。「低欲望社会」「没落国家」それの何が悪いの?って思ってしまう。

 

二極化は避けれないと思う

 さすが世間が注目する大前研一さん。この本では国際情勢のことを鋭く書いていてすごく勉強になりました。また、私は大前さんが望む尖った人材ではないと言い切れるので何の感情移入もせずに読むことができました。

 

 

一部の稼げる人と多くの貧民

 

 

私もそうなると思っています。重要なのはその先。

私の思う日本は和漢混合で勝つ。もっというと全体主義で勝つしかないと思っているからです。

 

一部の稼げる人と多くの貧民。これが続くという見込みがあるから、自己啓発本などが多く出版される。言わば、一部の稼げる人に近い人間を煽る。そして働かせる。これが狙いだろうし、どんどんやって欲しい。

 

全体主義

大きな国で経済面で全体主義をとることはリスクが高いと思います。トランプ大統領の話を以前にしたと思いますが、その歪みを利用して政権を摂ったとも私には思えます。

 

 

独裁

 

 

国を守る最大の手段だと私は思うし、これには賛成です。

重要なのは「いざという時」(本ではそれがいつなんだって煽っています)

そういった時に何を旗印にするの?

 

 

これが日の丸以外私には考えつかない

 

 

まだ完全に答えを出せる段階ではないので、このへんで終わりたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。