うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【ブログ飯 個性を収入に変える生き方】を読んだ書評・改

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を読んだ書評の改良版です。 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

ブロガーが出版する時代

今回、として「ブログ飯 」の書評を書こうと思ったのは

 

       出版

 

ここに注目してみようと思ったからです。私は現在

lounge.dmm.com

 のメンバーなんですが、3/25に行われた「ブログ飯総合セミナー」に参加してみて思ったことを踏まえて。出版についてお話しようと思います。

 

実は私の父は出版社の編集者で半生以上出版社で働いています

 

この見解から私が思った出版についてまず話してみようと思います。

 

回想(1月か2月くらい前?)

 

ウェブ上で電子書籍とか出せるようだし、本にする意味とかあるんかね。仮に参考書とか教科書みたいなもんでも持ち運ぶの面倒だと思う。出版社とかそもそも大丈夫なんか。

本にするということは残るんじゃないか

物事は やってみなければわからないことばかりなのでなんとも言えないところなんですが、出版社の現状とかは置いておいて、「本にするということは残るんじゃないか」これなんですよ、私が引っかかっていたいのは。

 

これ単なる家族の会話ですよ。つまり、「自分の仕事がまだある」って言ってきているんですよ。

 

 

本を出版して生かすことができる人物がいる

 

 

これが「ブログ飯」のテーマでもあり、ブロガーが本を出す時代なんだと私が思ったこと。売れない本なんか出すほど出版社は余裕ないはず、私が仮に出版社の社員だとしたら、「どー責任とってくれまんねん」を平気で浴びせかけそう(笑)なくらいシビアなんですよ。

 

それを乗り越えて本を出したいって思う人はこの染谷昌利さんに相談してみても良いと思います。

 

www.komugiko.org

 

実際出せてる訳ですし、今後どんどん本を出す人が出てくれと少なくともうなぎさん

助かりますよ。書評を書けるので。

 

8時間にわたる「ブログ飯総合セミナー」と「ブログ飯」を読み直して書いたレポート

 ブログ飯の内容、はじめたばかりの記事なので参考になるかどうかはわからないですけど、こんな感じです。

 

www.komugiko.org

 第一章の内容にちょっと触れると。

 一つの出会いから人生が変わった

これって時代背景もあるんだと思いますが。Googleと関わるようになったことが大きいのだと思います。私に関して言えば、ブログを書くまで、Googleはサービスをなんとなく利用はするけど特にって感じでした。まだブログをはじめて日の浅い私ですら世界観がある程度変わってきているのですから、Googleの台等により人生が大きく変わったって人も少なくはないんじゃないのかなと。

 

 「ブログ飯」の内容をピックアップ

第二章ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える

第三章 継続して成果を出すブログの違い

第四章 個人でお金を稼ぐということ

  

総合セミナーの内容はブログ飯の第二章以降の内容にリンクしていると思ったことが多々あったので、総合セミナーの内容をわたし的に解釈した内容を提示して「ブログ飯」を読みたいっていう人のために情報を配信します。

 

 第一部【基礎編】ネット収益化の総合的解説


f:id:YOUHEIkun:20180326154619j:image

インターネットで集客をする理由

①リスクが少ない

②1人対多数のビジネス(距離)

③自分の得意分野で戦える。

 

こんなところからスタートしました。イメージとしては誰でもはじめられるし、色んな人と繋がれる。ブログもそれに含まれますね。

 

検索エンジンSEOSNSの特性と違い

 SEOGoogle先生に頼んで問題を解決してもらうイメージ

f:id:YOUHEIkun:20180326160923p:plain

問題解決型で、SEOを意識した記事はPVが伸びやすくAdsense向け

 

逆に

 

SNSはみんなで共感しあいながらなので、みんなの反応(驚きや好奇心)の集大成。コンバージョン(ゴール)に結びつけるかどうか

f:id:YOUHEIkun:20180326161417p:plain

アフェ入りエイトと相性がいいようです

 

その他にもハイブリッド型、といって両方に特化したブログもあるようです。

希少性

これが情報の質を高める重要な要素のようです。

 

これらを踏まえた上で、自分のブログがどれにあてはまるのかを考えなおして見ましょう。といった感じでした。

 

鉄則:とにかく続けること、ライバルは勝手に減っていく

これ「ブログ飯」にも書いてあったけど・・・

 

 

f:id:YOUHEIkun:20180321115702p:plain

ブラック企業で生き残るための手段」ではないですよね??(笑)

 

 

 

・・・気を取り直して第二部

第二部【中級編】読ませる/売る文章の秘訣


f:id:YOUHEIkun:20180326154634j:image

 第二部は文章の書き方の話でした。書くと長くなってしまいそうなので、6つの定義と直観だけ説明します。あとはマインドマップから自分で想像してみてください。

6つの定義

優秀である条件は以下の6つの要素が含まれているようです。

①give and take

②約束を守る

③社会的な証明

④好意

⑤権威

⑥希少性

これらの要素が自分のブログにあるかどうか検証してみましょう。そして一つ一つ差を縮めていきましょう

直観

知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である。。
また直観は、合理的かつ分析的な思考の結果に概念化された知識の実体が論理的に介在する(すなわち思考や、概念という仲介物が知識の持ち主と対象の間に論理的に置かれる)ようなすべての知識の形式、とは異なっている。wikipediaより

こんな感じ

f:id:YOUHEIkun:20180324092519p:plain

 

 

 

f:id:YOUHEIkun:20180321115702p:plain

「いらすと屋の一人勝ちですか??」(へんな文章よりよっぽど伝わります)

 

 

 

いらすとやの話はなかったですよ。アドリブです。さー第三部です。

第三部【仲間増やし編】コミュニティの構築と維持

 


f:id:YOUHEIkun:20180326154648j:imageこれ言うまでもないことですよね。質の高いコミュニティであればあるほど、そこで共有できるものの質も高くなる。結果として何かをするときのリスクが軽減される

 

 

www.komugiko.org

 

 

これが参考になるかは別として、コミュニティ形成は当たり前の時代になってきていると思います。クラウドファンディングの話はさすがに出なかったにしても、キングコングさんのことは言われてました。

f:id:YOUHEIkun:20180321115702p:plain

ベッキーは認知タレントじゃない」(脱線しすぎ)

 

「ギガ盛りブログ飯」は

好きなことを好きなようにする「場」で、オフライン重視のコミュニティ

他のサロン形式のコミュニティは知らないのでなんとも言えないのですが「ブログ飯」の人はイメージどおりの人だと思います。たぶん。

第四部【飛躍編】セルフブランディングと出版


f:id:YOUHEIkun:20180326154710j:image

 出版の話でした。

f:id:YOUHEIkun:20180326174728p:plain

プレリュードで話したことと

 

www.komugiko.org

www.komugiko.org

 これで事が足りるかなと思います。

デビュー作のインパクトは超えられない

 ようです。我々のような庶民は出版できたとしても出版した後もがんばらなければならない。出版したい人頑張ってー

f:id:YOUHEIkun:20180326174800p:plain

 

おわりに

 
f:id:YOUHEIkun:20180326154731j:image

春は新しいことをはじめるのに最適なシーズンだと思います。ブログをはじめるなら「ブログ飯」。

f:id:YOUHEIkun:20180321115702p:plain

「なんだそのギャグは」

「ブログ飯」を読んでみてからでも遅くはないかもしれませんね。とはいっても、春はやっぱり花見。そしてリクルートのシーズンです。「ブログなんて書いてる暇ないよー」って気分ならどんどん花見でどんちゃん騒ぎですよね♪♪

 

自分のペースで頑張りましょう

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。