うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

ブログチャレンジ攻略指南書Chapter3



f:id:YOUHEIkun:20180323221718j:image

 

指南書④写真

写真、私はあまりというよりほとんど使わないですけど写真ほどリアリティーというか説得力のある表現方法はないと思います。

 

私の勝手な考えですけど、写真が良かったら即ブクマ、ツイート。WHY。読むのと同時に体験している感があるからです

 

自分が体験したことないこと。

 

「体験したいなー」って思った瞬間ブクマでしょ。さらにそれが希少な情報であればあるほど人の興味をそそるのは言うまでもないことだと思います。

 

ただし

 

画像ってリスクが高いですよ。自分をさらけ出すわけですから。私はそこまで自分をさらけ出すことに抵抗はありませんけど、進んでやるつもりもないのが本音ですね。

 

f:id:YOUHEIkun:20180324084631p:plain

 

体験談はかなり説得力があり、当然のことながらうなぎさんは推す。されどうなぎさんは自分をさらけ出さない。

 

f:id:YOUHEIkun:20180324084718p:plain

 

 

「はぁー、ふざけてんの??」

 

 

うなぎさんのブログですから、うなぎさんがどうするか全て決めてます。どうやって展開するのかもうなぎさん次第。

 

仮に視感重視なら

 

Calling

Calling

 

 

 

FIREBALL

FIREBALL

 

 

 

こんな感じの心理状態??この2曲がスーパーマーケットの有線で流れまくっていた時期なら、

 

タイトル「ヘッドホンボーイ」みたいな感じで

f:id:YOUHEIkun:20180324085423p:plain

ありのままな自分の写真を載せますね。ちょっと「いっちまってんなー、たぶん」

 

10年以上前は「Bigになりたきゃ自分をさらけ出せ」ってコンバージョンきめきめがありだった気がしますけど

 

・・・

 

真理(概念が重視される)な時代でしょ??

 

真理ってとてつもないキーワードどだけど

「だってしょうがないじゃないですか」BY織田裕二

 

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

 

 あきらかに古い

 

古い考えの人(私も含む)は画像に敏感ですからね。

 

写真や画像は積極的に使いましょう。人は自分が体験できないことを他者のした体験を共有することで体験したいはず

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございましたけど