うなぎさんのブログ

書評を中心にブログを運営しています

【ブログ運営×集客×マネタズ人気ブロガー養成講座】を読んだ書評

今回は管家伸さんの「ブログ運営×集客×マネタズ人気ブロガー養成講座」を読んだ感想を述べたいと思います。

 

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 

 

はじめに
 まずはじめに、今回の書籍はDMMのオンラインサロン【ギガ盛りブログ飯】のサービスで書籍提供されたことを述べておきます。

lounge.dmm.com

  

 ブログ時代と関が原
 2つ前の記事を書いてからずっと心残りになっていていたことが実はありました。まず最初にこのことについて述べておきたいとおもいます。
 それは「関が原の戦い」が古いか古くないかです。
 

 

関が原は昔の戦い方

 

 
強い旗印があれば関が原に参戦して稼ぐのもありじゃない。これが私の考えなんですけど、前回読んだ本の中でうまく表現できなかったんで表現したいと思います。関が原の戦いを知るのに良い映画があるので同時に紹介しておきます。私は3回ぐらい観ました。

 

関ヶ原 DVD 通常版

関ヶ原 DVD 通常版

 

 

戦国時代の武将で山形昌影という人物がいたとされていますが、この人物が率いていた「赤備え」についてちょっと触れておきたいと思います。
 

 

赤備え(あかぞなえ)は、戦国時代から江戸時代にかけて行われた軍団編成の一種。構成員が使用する甲冑旗指物などの武具を、を主体とした色彩で整えた編成を指す。戦国時代では赤以外にも黒色・黄色等の色で統一された色備えがあったが、当時の赤色は高級品である辰砂で出されており、戦場でも特に目立つため、赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊であることが多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれた。(wikipediaより)

 

 この赤備えを率いていた山形昌影の部隊が恐ろしく強くて、「赤備えがきたぞー逃げろー」ってこともあったようです(不戦勝いいなー)。
 
旗印が強いってなんなのかをちょっと考えてみると、兵士が強いってことですよね。強い兵士でいられるんんだったらどんどん戦場にいきますよね。
 
 
 
この戦もらったー、一番槍はわしのものじゃー
 
 
 
 
 何故この本が選ばれるのか、そして何故私がこの本を選んだのか
 そうです、この本「ブログ兵士」としての強さを上げてくれる本なんです。同時にこの本自体の売れ行きや信頼度も抜群。旗印としても絶大なんです。

 

www.komugiko.org

 

私がこの本を読みたいなーと思った理由はちょっと違うんですけど。上の書評でも書いたこと、読んでみてやっぱり出た。鉄板用語。

 

ブログは履歴書 

 

 この言葉がずっと残ってて、読んでみたいなーて思いました。それ以外にも書評のこととか(書評ブログをはじめたのはこの本を知る前からなので違います。いちを述べておきます)。ブログ集客方法とかがすごく勉強になる本でした。
 
まさに「強いブログ兵士になるための本」
 
本の構成
 
・part1 : ブログが成功すると人生が変わる
・part2 : ブログコンセプトを考える
・part3 : 成果を出す記事ライティング
・part4 : ブログへの集客
・part5 : ブログの状態をチェックする
・part6 : ブログのユーザビリティを高める
・part7 : ブログを飛躍させる
・part8 : ブログマネタイズ
 
part1~part3
ブログをどのように作成していくかが書かれている。

part4~part7
集客する方法と戦略が書かれている。この本を読んだ方がいいなーと思ったのはここの部分がかなり充実している。特にTwiterやfacebookをよく使う人は読んだ方がいいと思います。
 
part8
ブログでお金を稼ぐ方法が紹介されている
 
感想
 ブログを書くことで成果をあげていくんだとしたら、まずこの本は読んだ方がいいと正直思いました。成長したいという気持ちがあっても、よい指導者にめぐりあわなければ結果がでない。そしてなにより、勝ち戦です。
 
強い兵士になったら、今度は侍大将、あわよくは大名になって天下を狙ってみても悪くないかもしれません
 
そういう私も、いざ関が原の合戦(架空の話)があったら
 
 
 
この戦もらったー、一番槍はわしのものじゃー
 
 
 
竹槍をもってちゃっかり参戦してるかもしれません。
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。